コンブチャを楽しむ注意点

By: US Embassy Canada

コンブチャを自宅で作って楽しむことは、簡単にできますから、そのために注意点も抑えておきましょう。紅茶キノコの菌株を用意して、ほかにも必要な材料を準備して、自宅で作ることができます。

コンブチャは紅茶を使って作るのですが、菌株を投入するときに、熱いままの紅茶に入れないようにしましょう。冬の寒い日に入れて飲む紅茶は、熱々がおいしいですし身体も温まります。でもコンブチャをつくるときには、ティーパックで入れt紅茶を、必ず冷ましてから利用をしましょう。紅茶に砂糖を入れる必要がありますので、それは紅茶が熱いうちに入れたほうが、砂糖は完全に溶けやすくなります。必要量の砂糖は、紅茶を入れたら、熱が冷めないうちによく溶かしておきましょう。

紅茶には肝心の紅茶キノコの菌株を入れるのですが、これを入れるときに、紅茶の温度が熱々だといけないのです。なぜならば、熱い紅茶の中に紅茶キノコの菌株を投入してしまったら、あっけなく菌株は消滅をすることとなるからです。せっかく手に入れて活かそうとした菌株を、熱で殺してしまっては意味が無くなってしまいます。紅茶を入れたら、常温の温度にまで冷ましてから、紅茶キノコの菌株を入れるようにします。

紅茶には多少のカフェインが入っていますので、そのカフェインを気にする人もいるでしょう。しかしコンブチャは発酵をして作りますので、その発酵の過程でカフェインはほとんどが無くなってしまいます。だから、あまりカフェインは気にしなくても大丈夫です。

コンブチャを手作りするときには、発酵をする期間は密封はしません。蓋はすることになるので、それはキッチンペーパーを使って、輪ゴムで止めておくといいです。コンブチャを造るために密封をしないのは、発酵をするための酸素が密封で足りなくなるためです。だからコンブチャの発酵する期間は、キチンと密封をできる蓋は使用しません。キッチンペーパーや、清潔なガーゼを使用して、輪ゴムで留めましょう。

この投稿は2016年7月28日に公開されました。

コンブチャの育て方とは

By: Luke ‘Duke’ Newcombe

コンブチャは日本では、紅茶キノコとして一時流行ったものです。海外ではコンブチャとして大ブームとなって、それが再び日本でも浸透してきています。コンブチャは紅茶キノコであり、紅茶キノコは日本にいても自分で育てることができます。

紅茶キノコを育てるとなると、とても技が必要なイメージですが、実はとても簡単です。まずコンブチャを栽培するためには、紅茶キノコの菌株を入手をする必要があります。そして用意をするのは、普通の紅茶のティーパックを1つと、お湯を500㏄と、普通の砂糖をカップに1/3です。砂糖は40gを用意して、これをすべて混ぜ合わせて、冷やすために時間を置きます。甘い抗茶が冷めたのを確認したら、紅茶キノコの菌株を入れます。その上に蓋をしますが、それにはキッチンペーパーを使うといいでしょう。発酵をさせるために、常温で保管をします。

これが紅茶キノコの育て方ですので、意外と簡単にできることが分かります。コンブチャは市販品を購入すると、高級なのではないかと思って、なかなか手が出せないのであれば、家庭でチャレンジしてみるのがいいでしょう。難しくはないですが、いくつかの注意点もあるので、抑えておくといいです。

紅茶キノコを育てるためには砂糖を使いますが、必ず分量を守る必要があります。ダイナミックに沢山いれたり、少しだけにしたりは良くなくて、分量どおりが1番いいです。砂糖をたっぷりと入れてしまうと、発酵するときにたくさんアルコールが出てしまいます。でも砂糖は少ないと、今度は上手に発酵することができないので、常温で発酵をするかて腕カビが生えるので注意です。

砂糖が入ることで、カロリーを気にするかもしれませんが、発酵のための栄養として砂糖は必須となります。そして分解をされてしまいますので、最終的には砂糖という形状では残ることはないです。コンブチャをダイエットに利用したいと思っていても、作るときには砂糖は普通に入れたほうがうまくいきます。

この投稿は2016年6月28日に公開されました。

今話題のコンブチャのダイエットパワーとは

By: Paul Downey

今、欧米で美容に、健康にと注目を集めているコンブチャ、と言っても、海藻のコンブではありません。多分、耳にされた方もいるかと思いますが、日本でも昔流行った「紅茶キノコ」のことです。このコンブチャの、ダイエットパワーについて、見ていきましょう。

そもそもコンブチャとはどのようなものなのでしょうか。これは砂糖を入れた紅茶、もしくは緑茶で酵母を発酵させた飲み物で、酵素や乳酸菌、アミノ酸、ポリフェノールなどが豊富に含まれています。飲むことで、このような成分が身体に働きかけ、体内の毒素を外に排出したり、お通じを良くしたり、はては免疫力や代謝を高めてくれることが期待できます。つまり、デトックス効果と美肌効果、ダイエット効果にアンチエイジング効果までが、このコンブチャの中にギュッと詰まっているのです。

特に注目したいのが、ダイエット効果です。元々お通じを良くしたり、余分なものを身体の外に排出したりということで、身体の代謝を高めてくれる働きに優れているコンブチャですが、それに加えて食欲を抑えてくれる働きもあることが分かっています。痩せやすい身体を作り、なおかつ必要以上に食べないようにしてくれる、ダイエットしている方にとっては何より強いサポーターと言えるのではないでしょうか。

また、味も飲みやすいのも魅力の一つです。原液をそのまま飲むだけではなく、ヨーグルトなど様々なものに混ぜて食べたり飲んだりするといったこともできますので、いろいろな味を楽しむことができます。置き換えダイエットに利用するのにもピッタリなアイテムなのです。

欧米では美容と健康を実現してくれるものとして、セレブの間でもこのコンブチャが大流行しています。あの、ハリウッドの美人女優がステキなボディ・ラインを保つためにコンブチャを飲んでいる姿を想像してみてください。歴史は繰り返すと言いますが、かつて日本を健康ブームで席巻したコンブチャ(紅茶キノコ)、今回はハリウッドからの逆上陸で、あなたのダイエットをサポートしてくれます。

この投稿は2016年6月2日に公開されました。

コンブチャは発酵食品のひとつ

By: SharonaGott

にわかにブームとなっているコンブチャの特徴は、発酵食品ということです。日本人の食生活には、昔から発酵食品がなじみ深いものです。日本が誇る和食には、多くの発酵食品が普通に使われています。毎日のように食卓に出てくるおみそ汁は、まさに発酵食品の味噌が使われています。焼き魚やお刺身にも使うしょうゆも、発酵食品の一つです。白いご飯のお共に、おいしく食べる納豆も、大豆を発行してできています。

コンブチャは発酵させてできているので、日本人にも親しみが持てるものです。ハリウッドセレブたちがコンブチャにはまっているとして、日本にも入ってきたとされてはいますが、もっと昔に日本では紅茶キノコとしてのブームがありました。その時は衛生管理上の環境などが今ほどは整っていなかった時代ですので、あっという間に消えてしまいました。それが時代を経て、海外から再び日本にブームが到来をしたのです。

日本ではここ数年で菌活もブームですので、食事に菌をプラスして健康になろうという傾向も強くなっています。コンブチャは飲むことで、手軽な菌活が可能ですから、すぐにでもチャレンジができます。発酵食品というのは優れものであり、発酵をした食べ物を食べることで、乱れがちな腸内環境が整えられます。だから、体の内側から美しさと健やかさを手に入れることになります。

コンブチャの市販されている商品は、ハーブがミックスされていたり、フレーバーを楽しむことができたりして、さまざまな種類を楽しむことができます。商品がいろいろ販売されているだけに、選ぶのに迷ってしまうくらいです。日本の女性としては、コンブチャは美しくなりたい願望が強くで飲み始めるケースが多いですが、アメリカの場合は、体内のデトックス効果を期待している人が多いです。

コンブチャを飲むことでデトックスができれば、老廃物が排出されますので、結果的には肌もキレイになります。ですから、日本女子が望む美容にも効果が期待できるということになります。

この投稿は2016年5月24日に公開されました。

コンブチャとは紅茶キノコのことです。

By: Ed Summers

コンブチャとは、ロシアで伝統的に飲まれている発酵飲料のことです。その発祥はモンゴルで、日本では昭和40年代に一度流行しました。コンブチャは、緑茶か紅茶に砂糖を加え、さらにそこへゲル状の菌を加えて発酵させたもののことを指します。日本では紅茶キノコとも呼ばれており、これは発酵させた後の見た目がマッシュルームのように見えたことに由来します。

美容や健康効果がとても高く、海外セレブも愛飲していることから近年再び注目を集めることになりました。コンブチャには、酵素・ポリフェノール・乳酸菌・アミノ酸などが含まれています。期待される効果には、便秘の改善やデトックス効果があるとされ、現在では日本でも入手しやすくなっています。

ものにもよりますが、味もおいしいです。リンゴを炭酸で割ったような爽やかな味わいのものもあれば、マンゴー味のものもあります。そのまま飲むこともできますが、炭酸割で飲んだり、フルーツやヨーグルトにかけてみてもいいかもしれません。また、コンブチャをサプリメントにしたものやレシピ本も出ていたりするので、いろんな取り入れ方ができるのも良い点ですね。

自宅でコンブチャを作ることもできます。一度作ってしまうと、あとは紅茶液をつぎ足しながら繰り返し作れます。デトックス力はとても強いですが、子供が飲んでも大丈夫なので家族の健康維持のためにも大いに役立つものだと思います。家庭でコンブチャを作る場合は、コンブチャの株が必要になります。通信販売だと手に入れやすいかもしれません。作り方は簡単ですが、はじめのうちは酸味が強いかもしれません。

つぎ足すうちにまろやかな味わいになるでしょう。強い酸性の為、菌に強いです。保存も容易なところがいいですね。いろんな効果が作用しますが、特に消化を促進したい女性の方などは食後に飲むのがいいでしょう。食後は胃酸が弱っているので、コンブチャに含まれる乳酸菌をしっかりと腸まで届かせることができます。

この投稿は2016年5月19日に公開されました。

コンブチャにはさまざまな菌が含まれている

By: Jess

健康効果でも注目を集めるコンブチャには、さまざまな菌が含まれています。酢酸菌のアセトバクター・キシリナムに、乳酸菌のバチルス・アシドフィルス、それに消化酵素のブロメリンも含んでいます。

コンブチャに含まれるアセトバクター・キシリナムは酢酸菌であり、身体には様々な良い効果をもたらすことになります。酢酸のパワーは、日ごろから日本人もお世話になることが多いですが、コンブチャに含まれる酢酸菌の働きも、健やかな状態を維持するように助けになってくれます。

酢酸菌の酢のパワーは偉大であり、疲労回復効果には特に優れています。コンブチャは健康にいいおいわれていて、秘奥買う福にもいいおいわれるのは、この酢酸の底時からも大きく働いています。酢酸は体内ではクエン酸で活躍をしますから、腸内に存在をする有害となる細菌をどんどん減らして、傾きがちな腸内環境を、良い状態へと導いてくれます。腸におけるぜん動運動は活発化しますので、便通がすごくよくなります。

バチルス・アシドフィルスの乳酸菌は、体内において整腸作用をもたらしてくれます。人間の乱れがちな免疫機能を、正常な状態に調節をしてくれる機能としても優秀なものがあります。それはすでに、アレルギー性鼻炎や、アトピー性皮膚炎などにおいても、湯構成が確認をされているものです。

バチルス・アシドフィルスの乳酸菌は、人間のお口の中や腸内にも存在しています。もともと人間の体内に存在をしており、口臭を解消したり、腸内に蓄積した腐敗の改善のために活躍をしたりしています。

コンブチャに含まれる、消化酵素のブロメリンは、炎症を軽減する働きなども持っています。食事をすることでの、食べ物の消化を助けてくれる働きがあります。炎症を起こしたときにも、痛みや腫れも軽減をさせるように作用をします。体内では腫瘍細胞が育つのを妨げていきながら、血液の凝固をゆっくりにさせる働きもあります。ほかにも運動をした後には、体に感じつ筋肉痛を軽くする効果もあります。

この投稿は2016年5月4日に公開されました。