コンブチャは発酵食品のひとつ

By: SharonaGott

にわかにブームとなっているコンブチャの特徴は、発酵食品ということです。日本人の食生活には、昔から発酵食品がなじみ深いものです。日本が誇る和食には、多くの発酵食品が普通に使われています。毎日のように食卓に出てくるおみそ汁は、まさに発酵食品の味噌が使われています。焼き魚やお刺身にも使うしょうゆも、発酵食品の一つです。白いご飯のお共に、おいしく食べる納豆も、大豆を発行してできています。

コンブチャは発酵させてできているので、日本人にも親しみが持てるものです。ハリウッドセレブたちがコンブチャにはまっているとして、日本にも入ってきたとされてはいますが、もっと昔に日本では紅茶キノコとしてのブームがありました。その時は衛生管理上の環境などが今ほどは整っていなかった時代ですので、あっという間に消えてしまいました。それが時代を経て、海外から再び日本にブームが到来をしたのです。

日本ではここ数年で菌活もブームですので、食事に菌をプラスして健康になろうという傾向も強くなっています。コンブチャは飲むことで、手軽な菌活が可能ですから、すぐにでもチャレンジができます。発酵食品というのは優れものであり、発酵をした食べ物を食べることで、乱れがちな腸内環境が整えられます。だから、体の内側から美しさと健やかさを手に入れることになります。

コンブチャの市販されている商品は、ハーブがミックスされていたり、フレーバーを楽しむことができたりして、さまざまな種類を楽しむことができます。商品がいろいろ販売されているだけに、選ぶのに迷ってしまうくらいです。日本の女性としては、コンブチャは美しくなりたい願望が強くで飲み始めるケースが多いですが、アメリカの場合は、体内のデトックス効果を期待している人が多いです。

コンブチャを飲むことでデトックスができれば、老廃物が排出されますので、結果的には肌もキレイになります。ですから、日本女子が望む美容にも効果が期待できるということになります。