コンブチャの育て方とは

By: Luke ‘Duke’ Newcombe

コンブチャは日本では、紅茶キノコとして一時流行ったものです。海外ではコンブチャとして大ブームとなって、それが再び日本でも浸透してきています。コンブチャは紅茶キノコであり、紅茶キノコは日本にいても自分で育てることができます。

紅茶キノコを育てるとなると、とても技が必要なイメージですが、実はとても簡単です。まずコンブチャを栽培するためには、紅茶キノコの菌株を入手をする必要があります。そして用意をするのは、普通の紅茶のティーパックを1つと、お湯を500㏄と、普通の砂糖をカップに1/3です。砂糖は40gを用意して、これをすべて混ぜ合わせて、冷やすために時間を置きます。甘い抗茶が冷めたのを確認したら、紅茶キノコの菌株を入れます。その上に蓋をしますが、それにはキッチンペーパーを使うといいでしょう。発酵をさせるために、常温で保管をします。

これが紅茶キノコの育て方ですので、意外と簡単にできることが分かります。コンブチャは市販品を購入すると、高級なのではないかと思って、なかなか手が出せないのであれば、家庭でチャレンジしてみるのがいいでしょう。難しくはないですが、いくつかの注意点もあるので、抑えておくといいです。

紅茶キノコを育てるためには砂糖を使いますが、必ず分量を守る必要があります。ダイナミックに沢山いれたり、少しだけにしたりは良くなくて、分量どおりが1番いいです。砂糖をたっぷりと入れてしまうと、発酵するときにたくさんアルコールが出てしまいます。でも砂糖は少ないと、今度は上手に発酵することができないので、常温で発酵をするかて腕カビが生えるので注意です。

砂糖が入ることで、カロリーを気にするかもしれませんが、発酵のための栄養として砂糖は必須となります。そして分解をされてしまいますので、最終的には砂糖という形状では残ることはないです。コンブチャをダイエットに利用したいと思っていても、作るときには砂糖は普通に入れたほうがうまくいきます。