コンブチャにはさまざまな菌が含まれている

By: Jess

健康効果でも注目を集めるコンブチャには、さまざまな菌が含まれています。酢酸菌のアセトバクター・キシリナムに、乳酸菌のバチルス・アシドフィルス、それに消化酵素のブロメリンも含んでいます。

コンブチャに含まれるアセトバクター・キシリナムは酢酸菌であり、身体には様々な良い効果をもたらすことになります。酢酸のパワーは、日ごろから日本人もお世話になることが多いですが、コンブチャに含まれる酢酸菌の働きも、健やかな状態を維持するように助けになってくれます。

酢酸菌の酢のパワーは偉大であり、疲労回復効果には特に優れています。コンブチャは健康にいいおいわれていて、秘奥買う福にもいいおいわれるのは、この酢酸の底時からも大きく働いています。酢酸は体内ではクエン酸で活躍をしますから、腸内に存在をする有害となる細菌をどんどん減らして、傾きがちな腸内環境を、良い状態へと導いてくれます。腸におけるぜん動運動は活発化しますので、便通がすごくよくなります。

バチルス・アシドフィルスの乳酸菌は、体内において整腸作用をもたらしてくれます。人間の乱れがちな免疫機能を、正常な状態に調節をしてくれる機能としても優秀なものがあります。それはすでに、アレルギー性鼻炎や、アトピー性皮膚炎などにおいても、湯構成が確認をされているものです。

バチルス・アシドフィルスの乳酸菌は、人間のお口の中や腸内にも存在しています。もともと人間の体内に存在をしており、口臭を解消したり、腸内に蓄積した腐敗の改善のために活躍をしたりしています。

コンブチャに含まれる、消化酵素のブロメリンは、炎症を軽減する働きなども持っています。食事をすることでの、食べ物の消化を助けてくれる働きがあります。炎症を起こしたときにも、痛みや腫れも軽減をさせるように作用をします。体内では腫瘍細胞が育つのを妨げていきながら、血液の凝固をゆっくりにさせる働きもあります。ほかにも運動をした後には、体に感じつ筋肉痛を軽くする効果もあります。