コンブチャとは紅茶キノコのことです。

By: Ed Summers

コンブチャとは、ロシアで伝統的に飲まれている発酵飲料のことです。その発祥はモンゴルで、日本では昭和40年代に一度流行しました。コンブチャは、緑茶か紅茶に砂糖を加え、さらにそこへゲル状の菌を加えて発酵させたもののことを指します。日本では紅茶キノコとも呼ばれており、これは発酵させた後の見た目がマッシュルームのように見えたことに由来します。

美容や健康効果がとても高く、海外セレブも愛飲していることから近年再び注目を集めることになりました。コンブチャには、酵素・ポリフェノール・乳酸菌・アミノ酸などが含まれています。期待される効果には、便秘の改善やデトックス効果があるとされ、現在では日本でも入手しやすくなっています。

ものにもよりますが、味もおいしいです。リンゴを炭酸で割ったような爽やかな味わいのものもあれば、マンゴー味のものもあります。そのまま飲むこともできますが、炭酸割で飲んだり、フルーツやヨーグルトにかけてみてもいいかもしれません。また、コンブチャをサプリメントにしたものやレシピ本も出ていたりするので、いろんな取り入れ方ができるのも良い点ですね。

自宅でコンブチャを作ることもできます。一度作ってしまうと、あとは紅茶液をつぎ足しながら繰り返し作れます。デトックス力はとても強いですが、子供が飲んでも大丈夫なので家族の健康維持のためにも大いに役立つものだと思います。家庭でコンブチャを作る場合は、コンブチャの株が必要になります。通信販売だと手に入れやすいかもしれません。作り方は簡単ですが、はじめのうちは酸味が強いかもしれません。

つぎ足すうちにまろやかな味わいになるでしょう。強い酸性の為、菌に強いです。保存も容易なところがいいですね。いろんな効果が作用しますが、特に消化を促進したい女性の方などは食後に飲むのがいいでしょう。食後は胃酸が弱っているので、コンブチャに含まれる乳酸菌をしっかりと腸まで届かせることができます。